スケートボード

西矢椛の家族構成は?父親は会社員・祖父はフラワーファーム経営!母や兄についても紹介

西矢椛の画像

2021年開催の東京オリンピックで初めて採用された、スケートボード。

女子ストリートでは、西矢椛選手が日本五輪史上最年少の13歳で金メダルを獲得しました!!

からこ
からこ
「13歳、真夏の大冒険!」という名言も飛び出しました

西矢椛選手の父親や母親はどんな方なのでしょうか?

また、兄弟や祖父母など家族構成についてもお届けします!

西矢椛の家族構成は?

西矢椛の顔画像2021年7月現在、13歳の西矢椛選手。家族構成はこちらです。

西矢椛の家族構成

父:西矢翔(しょう)さん

母:西矢智実(ともみ)さん

兄:西矢颯さん

西矢椛選手は、両親に兄1人の4人家族です。




西矢椛の「家族」父・母・兄はどんな人?

西矢椛の父親は会社員!

西矢椛選手の父親の名前は、西矢翔(しょう)さん、39歳です。

西矢椛選手は、主に父親の西矢翔さんの指導の元練習していましたが、父親はスケートボードのプロではなく、職業は会社員

『株式会社メイハン』総合建物管理事業部の大阪支店長です。

株式会社メイハンのWebサイトには、西矢椛選手が金メダルを獲得した記事も掲載されています。

『株式会社メイハン』の総合建物管理事業は主に以下の3つです。

  • 施設警備
  • 空調管理
  • 清掃業務

株式会社メイハンは三重県に本社があり、大阪と東京に支社があます。

西矢椛選手の父親である西矢翔さんは、大阪の支店長として仕事をするかたわら、西矢椛選手の練習に付き添い、「インスタグラム 」で技の動画を見ながら指導してきました。

本格的に取り組み始めてからは翔さんが写真共有アプリ「インスタグラム」などで新しい技の動画を探し、西矢選手に見せて指導するようになった。「頭が下がりすぎ」「前に体が突っ込んでいる」とのアドバイスに、「父の指摘は本当に的確」と感謝する。
引用元:毎日新聞

プロのスケートボードコーチではないにもかかわらず、金メダリストを育てた父。

きっとすごい研究熱心だったのでしょうね!

7歳頃の西矢椛選手の動画もインスタにアップされています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

西矢椛の母親の職業は?

西矢椛選手の母は、西矢智実(ともみ)さんです。

年齢は父親と同じ39歳。

職業について情報がありませんが、西矢椛選手を支えるためには食事や生活面でのサポートが必要なため、専業主婦の可能性があります。

西矢椛の私服の画像西矢椛選手の両親もスケートボードの経験があるという噂なので、西矢椛選手の母もスノーボードやスケートボードをやっていたのかもしれません。

情報が入り次第追記させていただきます。

西矢椛の兄は?

西矢椛選手には、2歳上の兄がいます。名前は、西矢颯さん。

西矢椛の兄の画像西矢颯さんは15歳です。

西矢椛選手がスケートボードを始めたきっかけは、スノーボードをやっていた兄の颯さんが、夏の練習としてスケートボードを始めたことがきっかけ。

スノーボーダーが夏場に、スケートボードなど他の横乗りスポーツを練習することはよくあります。

兄の颯さんと一緒に、西矢椛選手も5歳から滑り始めていたそうです。

西矢颯さんについての情報は出てこないため、プロのスノーボーダー、スケートボーダーとして活動している訳ではないよです。

しかし、西矢椛選手のインスタグラムに、西矢颯さんと思われるスケーターの動画がアップされています!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

西矢椛選手と、兄の西矢颯さんはお顔が似ているので、おそらく本人なのではないでしょうか。

兄の西矢颯さんもスケートボード、さすが上手ですね!

西矢椛の祖父・祖母はお花の専業農家

西矢椛選手の祖父と祖母(父親の両親)は、大阪府千早赤阪村の『西矢フラワーファーム』というお花の専業農家です。

西矢椛の祖父が経営する西矢フラワーファーム1958年生まれということは、62歳!

西矢椛の祖父は毎月ブログを更新

毎月ブログを更新しており、東京オリンピックは、祖父、祖母、曾祖母(ひいおばあちゃん)が揃ってテレビの前で応援していたとか。

最近はすれ違いで椛には会っていませんがまさか、、、
オリンピアになっちゃうとは、ましてはメダル候補とは、、
息子(椛のパパ)からは「爺は騒がないで」って
きつく注意されていますので、大人しく、静かな告知で
留めておきます。
引用元:西矢フラワーファームブログ

西矢椛選手の父親から、「爺は騒がないで」と注意されていたようですね。

騒がないでと言われても、日本五輪史上最年少で金メダルですから、相当嬉しいことでしょう!

西矢椛の祖父はおくりびとから農業に転職

祖父はお花の農家になる前は、葬儀業者ではたらく「おくりびと」だったのだとか。

また、大阪難波のカジュアルショップの店長や、中華料理の調理師から、農業に転職したそうです。

おくる人から産み育て る人になりたく、またコストが一番かからないだろう と農家になる人生を選択。
右も左もわからないな か、三重県の農業法人で働きながら農業経験を積み、そこで出会った農業の師匠から農業の厳しさと素晴らしさを教わった。
引用元:CHIHAYA AKASAKA

きっと西矢椛選手の金メダルを祝う祖父の花束は、特別な花束なのではないでしょうか^^

西矢椛の練習は父母に見守られながら

西矢椛は「スポーツパークまつばら」で父母と練習!

西矢椛選手の練習場所は、大阪府松原市にある「スポーツパークまつばら」です。

『スポーツパークまつばら』の地図

スポーツ用品などで有名な『ミズノ』グループが運営している施設で、2015年の7月にオープンしました。

オープンした当初から週5回ほど、夕方から午後9時ごろまで、父母と一緒に練習に励んでいたのだとか。

西矢は2015年7月のオープン時から通い始めた。週5回ほど、夕方から午後9時ごろまで、父母に見守られながら黙々と練習に励む。コーチはいない。自身の滑りを両親に動画で撮影してもらい、熱心に見返す姿が印象的という。「練習の時の集中力や向き合う姿勢が他の子と違う。少し話しかけにくいというか、オーラが出ていた」
引用元:朝日新聞DIGITAL

家族で練習に向き合ったことで、勝ち取った金メダル。

受賞後のインタビューで「今の喜びを伝えたい人はいますか?」と問われると「家族です」と答えていました。

そして「どんな風に金メダルを報告しますか?」という質問には「やっぱ、メダルをかけてあげたい」と答えています。

家族の絆の強さを感じますね!

西矢椛のプロフィール

西矢椛の顔画像

名前:西矢椛(にしや もみじ)
生年月日:2007年8月30日
年齢:14歳
出身地:大阪府
身長:非公開
体重:非公開
所属:ムラサキスポーツ
主な戦績: 19年Xゲームズ・ミネアポリス大会2位、19年世界選手権準決勝進出

まとめ

東京オリンピック2020から初めて採用されたスケートボードで、日本五輪史上最年少の13歳で金メダル!本当に感動しましたね!!

実況の瀬尻稜さんの「ゴン攻め」や、倉田アナ「13歳!真夏の大冒険!」などの名言も話題になりました。

西矢椛選手には、今後も日本のスケートボード界を盛り上げていってほしいと思います!

スポンサーリンク