俳優

【痩せた】鈴木亮平2021年の体重変化!太った頃に比べて約25kg減量!

鈴木亮平「レンアイ漫画家」

2021年のドラマ『レンアイ漫画家』で天才漫画家である主人公・刈部清一郎を演じている、俳優の鈴木亮平さん、痩せましたよね!?

からこ
からこ
痩せた上にさらにイケメン

2018年『西郷どん』で太った頃に比べて、2021年は約25kgは減量しているようです!

鈴木亮平さんがどれくらい痩せたのか?痩せた画像と太った画像の体重変化を時系列でご紹介します!

【痩せた】鈴木亮平2021年の体重変化!太った頃に比べて約25kg減量!

2021年のドラマ『レンアイ漫画家』で主演の鈴木亮平さん。痩せた上にイケメン!かっこいい!と話題になっています。

鈴木亮平「レンアイ漫画家」痩せたことはもちろん、髪型や無精髭もかっこいいですね!

『西郷どん』から『レンアイ漫画家』への体重変化がすごい!

これまでも出演作ごとに痩せたり太ったりしている鈴木亮平さん。

2018年『西郷どん』から2021年『レンアイ漫画家』への体重変化を画像で比較すると、こんなに違います!!

鈴木亮平の体重変化比較画像『西郷どん』では、体重約100kgに対し、『レンアイ漫画家』では標準体重の76kg以下に痩せて見えます。

これは役づくりのためなのでしょうか…?原作の天才漫画家・刈部清一郎と比較してみました。

『レンアイ漫画家』原作の刈部清一郎と鈴木亮平を比較

『レンアイ漫画家』の原作は漫画で、鈴木亮平さんが演じるのは天才漫画家・刈部清一郎。

作者の山崎紗也夏先生がtwitterに投稿している、刈部清一郎の画像はこちらです。


原作は「引きこもりの天才漫画家」なので髪の毛もヒゲも伸び放題ですね。

山崎紗也夏先生も

「漫画の苅部はこんなんよ」

とおっしゃっていることから、鈴木亮平さん演じる刈部清一郎は、原作よりだいぶカッコよく仕上がっています!

こちらが『レンアイ漫画家』の鈴木亮平さん。

からこ
からこ
髪型や無精髭もかっこいい

原作の天才漫画家・刈部清一郎の容姿は、頬がこけていて痩せているので、この役に合わせて鈴木亮平さんは痩せたようです。

『レンアイ漫画家』の鈴木亮平が痩せた!SNSの声

SNS上では「痩せた」という声と同時に、「かっこいい」「イケメン」という声が!!




【画像比較】鈴木亮平が痩せたり太ったり!体重変化を時系列まとめ

鈴木亮平さんはこれまでも、役作りのために痩せたり太ったりしていることで知られています。

鈴木亮平さんの標準(デフォルト)の体型は以下の通りです。

鈴木亮平の普段の体型

  • 身長:186cm
  • 体重:76kg
  • BMI:22

身長に対する体重とBMIは理想的な数値ですね!

ですが、鈴木亮平さんは役によっては56kgに痩せたり106kgに太ったり。その増減差はなんと50kg!!

見た目にはどのくらい体重変化があるのでしょうか?

鈴木亮平さんの痩せたり太ったりしている画像を、時系列で比較しました!

2014年:天皇の料理番(体重約56kg/BMI16)

鈴木亮平さんは2014年『TBSテレビ60周年特別企画 日曜劇場 天皇の料理番』で役作りのために、半年で20kg痩せたと言われていました。

鈴木亮平「天皇の料理番」鈴木亮平さんが演じたのは、病におかされてだんだんと痩せていく役でした。

そのためクランクインの2ヶ月前から8kg痩せ、68kgになってから撮影開始。

鈴木亮平さんはこの作品への思い入れが強く、『自分の半生を捨てても良い』と思うほどの覚悟を決め、プライベートも削って減量に捧げたそうです。

鈴木亮平「天皇の料理番」だんだんと痩せ細っていく役だったため、撮影の進行に合わせて痩せていったそうですが、クランクアップの際にはトータルで20kgの減量

その鈴木亮平さんの画像がこちら!衝撃的です!!

鈴木亮平「天皇の料理番」クランクアップの時の画像激痩せですね!役作りのためとはいえ、心配になってしまうくらい痩せています。

からこ
からこ
鈴木亮平さんの標準体重は76kgなので、体重56kg・BMI16くらいでしょうか。

2015年:俺物語!!(体重約106kg/BMI31)

鈴木亮平「俺物語!!」2015年『俺物語!!』では、鈴木亮平さんの体重は30kg太った姿を見せています。約106kgです。

撮影中も毎日菓子パンを10個、間食として食べ続けたそうです。

そういえば以前、体重を30キロ増やして撮影に臨んだ『俺物語!!』のときには、撮影中も毎日菓子パンを10個、間食として食べ続けたと話してくれた。

「あのときは『天皇の料理番』で20キロ落とした直後だったので、リバウンド効果で増やすのは簡単でした。無理して体重を落とした反動で、身体がすごく太りやすくなっていたんです。リバウンド、恐るべしです」
出典:OurAge

「天皇の料理番」の後の作品で、リバウンド効果で増やすのは簡単だったそうです。

鈴木亮平「俺物語!!」太るのは簡単でも、ここから痩せるのが大変そうですよね。。

2018年:西郷どん(体重約100kg/BMI29)

鈴木亮平さんは、2018年の大河ドラマ『西郷どん』で主演の西郷隆盛役を演じました。

その時は役作りのため、約100kgまで太ったそうです!

鈴木亮平「西郷どん」西郷隆盛は身長182cm、体重114kgあったと言われているので、役に近づけるためだったのですね。

どっしりと貫禄のある西郷隆盛のイメージぴったりですね!

『西郷どん』の西郷隆盛役でも病に倒れているのですが、『天皇の料理番』での病に倒れた役のイメージとは違います。

ただ痩せているだけではないことが分かりますね。鈴木亮平さんの役作りへのこだわり、すごいですね!

2019年:ひとよ(体重約76kg/BMI22)

2019年に映画『ひとよ』で、吃音を持った内向的な男性の役を演じました。

鈴木亮平「ひとよ」鈴木亮平さんの標準体重である76kgで演じていますが、猫背でコミュニケーションが苦手な役柄だからか、少し痩せて見えます。

「今回、『ひとよ』で演じたのは、外見上はふつうの男性なので、僕自身の標準体重である76キロで撮影に臨みました。でも76キロと言っても、以前の76キロと今の76キロでは違いますね。役のために太ったり減らしたりをくり返したせいか、お腹周りの贅肉が取れにくかったり、皮下脂肪が減らなかったり、内臓周辺にも脂肪がついて取れないとか、いろいろあります」
出典:OurAge

2021年:レンアイ漫画家(体重約76kg ?)

2021年のドラマ『レンアイ漫画家』では、減量したかどうかは公表していませんが、「痩せた」と話題になっていますね。

鈴木亮平「レンアイ漫画家」「引きこもりの天才漫画家」という役柄から、作品づくりに没頭する作家のイメージが出ています!

『ひとよ』で鈴木亮平さんの標準体重である76kgだったので、『レンアイ漫画家』でも標準体重の76kgか、3〜4kgは減量しているかもしれません。

鈴木亮平の体重変化にSNS上では心配の声も

鈴木亮平さんの役作りにはプロ意識の高さを感じる一方、あまりに体重の増減の振り幅が大きいため、心配の声も聞こえてきます。

役作りのためとはいえ、体調を崩しては元も子もないですね。

鈴木亮平さん、くれぐれも身体にはお気をつけて、これからも素晴らしい演技を見れることを楽しみにしています^^

鈴木亮平プロフィール

鈴木亮平プロフィール画像

鈴木 亮平(すずき りょうへい)

俳優

生年月日:1983年3月29日(38歳)
星座:おひつじ座
出身地:兵庫県西宮市
身長:186cm
体重:76kg
血液型:A型
学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
所属事務所:ホリプロ
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、世界遺産検定1級、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)
趣味:バスケットボール(8年)、ボクシング
好きな食べ物:唐揚げ
代表作:花子とアン (NHKテレビ)/2014年・西郷どん (NHKテレビ)/2018年
・ひとよ (映画)/2019年・テセウスの船 (TBSテレビ)/2020年

スポンサーリンク